東進に通うなら今でしょ?

カリキュラムがしっかりしている

東進が長年人気の理由は、合格率の高さだけではなく、そこまでに至る学習のカリキュラムがしっかりしているという点にあります。
特に、合格を左右するといわれている英語・数学・国語の3教科については、独自のカリキュラムで受験期には合格できる答案を作成できるような講座も多数開催されています。
例えば英語であれば、・記述型答案練習講座 ・大学対策講座 ・大学別演習講座 ・過去問演習講座を開催することによって、希望する大学が合格できる英語の答案を作成できるのです。

 

数学に関しては、苦手意識を持っている生徒も多く、数学が苦手なために志望校を変更するという生徒がいるのも事実。しかし、苦手科目こそ軌道に乗せることができれば、伸びしろがあるわけですから、一気に模試の判定も上がる可能性もあるのです。「わかる」こと「できること」を繰り返し体験し、かつ高等学校の定期テストの数学に対応することにより、大学入試のための基礎力養成を実現します。
受験期に、志望大学の難易度に応じて・受験数学講座 ・大学対策講座を実施しています。

 

国語に関しては、現代文・古文・漢文はもちろんのこと最近の傾向として、小論文試験を課す大学が増えてきているということもあって、小論文の土台となる基本的な書き方から、要約・知識までをマスターし、実際の添削課題を積み重ねることで、小論文試験に対応します。
最近は、推薦入試だけではなく、一般入試でも小論文試験を課す大学が増えていますが、これからはその傾向がより一層高くなると思われます。