東進に通うなら今でしょ?

最後はモチベーションの高さが大切

東進の合格率の高さは、実力のある講師陣や独自のカリキュラム構成だけでは成り立ちません。
もちろん、講師陣の授業は分かりやすく、楽しいものが多いので、学習も頭に入って行きやすいということはいえるでしょう。
しかし、それだけでは合格は勝ち取れないものです。大学受験の厳しさはここにあると思います。
本人のモチベーションをいかに保つかということは学習を続けて行く上で非常に大切であるといえます。
東進に入ってきた生徒でも、モチベーションの高さだけは人一倍あるのに模試の成績はいまひとつ・・・という生徒がいます。
しかし、こういう生徒ほど地道に努力を続けることが可能なので、受験期には合格圏内にいることがあるのです。
学習の進め方に無駄のない東進ですから、あとは本人のモチベーションであるといえます。
そうはいっても、なかなか難しいものですよね。

 

東進のイベントで卒業生らの講演会を実際聞いたり、大学生活についてや、学習の進め方などのアドバイスが聞けるというものがあります。
これらのイベントは息抜きにもなりますし、モチベーションを保つことに大切なのです。

 

保護者の方は、我が子の受験のことで気が気ではありませんよね。
保護者の方の方が模試の結果に一喜一憂している場面も多いでしょう。
保護者の方にもご覧になれる受験情報誌では、東進出身の大学生の体験記などが掲載されていますし、大学の紹介もありますので大変参考になります。
親子でご覧になられる場合も多いようです。